読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まことchang’s blog

まことちゃんが日々思うことや気になるニュースについて書いていきます。

『第2の地球』発見?

 英米豪などの研究チームが19日、地球から約12光年先の

 肉眼でも見える秋の星座「くじら座」のタウ星に、

 地球の重さの2~6倍の五つの惑星があることを発見しました。


 その一つが、生命の存在に欠かせない水が液体として存在できる

 「ハビタブルゾーン」という領域にあり、

 地球の5倍ほどの重さで大気が存在する可能性があるそうです。


 タウ星との距離は「太陽と金星ほど」で

 公転周期は約168日。

 太陽系外で生命が存在する可能性がある惑星としては、

 これまで発見された中で最も地球に近くに存在します。

 

 マヤの「長期暦」と呼ばれる、約5125年で一周する暦が

 2012年12月21日に終わるということで、

 ネットや中国で「終末論」を掲げる人が出たりなど

 なにかとソワソワしているようですね。

 (日本時間ですと12月22日だそうですが)


 まぁ実際は、マヤ族が残していった暦が一周するだけで

 さすがに人類が滅亡とかは発展しすぎかと思いますが、

 それだけ壮大な期間の暦が新しいものに切り替わった後には、

 やはり私たちの身の回りにも

 なにかしらの大事な変化が起こってしかるべきでしょうね。
 

 これまで当たり前に続いてきたシステムが崩壊し、

 新たな価値観のもとで、

 まったく新しいシステムが生まれるはずです。

 「常識」とか、「社会通念」なんていうのも

 変化していくでしょう。


 その変化を、ポジティブなものとして受け止めるか

 ネガティブなものとして受け止めるか。

 すべては自分の「選択」次第です。

 勘のいい人は、もう準備を始めているころでしょうね。